Install Theme

Your web-browser is very outdated, and as such, this website may not display properly. Please consider upgrading to a modern, faster and more secure browser. Click here to do so.

ring the bell

A BOTTLE OF BEER MAKES THE HEAD CLEAR

twitter
it don't mean a thing
sabinuki

Posts tagged docomo

Mar 9 '14

人生いろいろ、iPhoneいろいろ

遅ればせながら、先週末にiPhone 5sにキシュヘンいたしました。 キシュヘンするにあたって、関係者の皆様にアレコレお知恵を借りましたことをこの場をお借りして御礼申し上げます。

結局、当初の予定どーり銀座のAppleStoreでiPhone 5sのゴールドを選び、キャリアもSoftBankのままでございます。ナンバーなんちゃらビリティでdocomoに乗り換えると7万円キャッシュバックとかの誘惑もなかったわけではありませんが、根っから保守的なわたくしは冒険することができませんでした。docomoのガラケーと2台持ち体制が今後も継続される模様です。

さて、今回もAppleStoreでのお買い物は楽しく気分よくできました。人によって好き嫌いは分かれるでしょうが、AppleStoreのお兄ちゃんは相変わらずブルーのTシャツ着て、首から名前入りのカラフルなタグをぶら下げて、ファーストネームで自己紹介して、馴れ馴れしいチャラチャラした態度で迫ってきます。それを観察し、いじくるのがなかなかに楽しいものなのです。

購入が決まると製品が目の前に運びれ、ビニールフィルムを丁寧にカットしたのち、最初に蓋を開ける儀式を促されます。開封すると、満面の笑みで「おめでとうございます」と言われるのもデフォルトです。悪い気は全くしません。以前も申し上げた通り、大げさでもなんでもなくマイホームとか新車を買った気分が味わえるのです。

その後、iCloudのセットアップまで一気に進みますが、雑談しながらなので時間の経過も気になりません。普段Apple製品を使っていて困ってることやギモンに感じてることもついでに厚かましく質問しますし、ちょっとした裏ワザみたいなのも教えてくれます。でもまあ、人見知りの激しい人には不要で鬱陶しいサービスであることに間違いありません。

このシーズンには学生や教職員向けの5000円iTunesカードというプレゼントもあったのでちょっぴり得しました。

ところで、じつは本日もiPhoneを購入したのです。家族へのプレゼントとしてdocomoガラケーからPhone 5cにキシュヘンしてあげたのですが、流石に銀座まで出掛かるのも面倒だと思い、勉強も兼ねて家族連れで賑わう地元のdocomoショップを訪れたのですが……

当たり前ですが、上記のようなムダにドラマティックなサービスは全くありませんでした。docomoショップのおねいちゃんが開封して何やら勝手に入力するんで何やってんのか尋ねたら「docomoショップのWiFiに接続してます」って、なんで公衆無線LANを解放しないの?買った客の手続きの時だけってセコくないか?

細かい不満はいろいろありましたが、いちばん不満だったのは最後にiPhone 5cを入れてくれた店の袋のデザインでした。

image

なにこの羞恥プレイ!

本日の教訓:人生いろいろ、iPhoneいろいろ。

お口直しにわたくしのiPhone三人衆の記念撮影なんぞ。

image

Jan 8 '14

鼻血の翌日

鼻血の翌日、上司が下手に出てきた。昨日の振る舞いを謝罪し、今日は早く帰りなさいと温情をかけてくれた。だが、果たしてその数時間後。

丸の内先生のことをこんなに信用してるのに!

と、語気を荒げ、怒りで頬を紅潮させ、むちゃくちゃなことを言い出す上司が目の前にいた。上司の怒りの矛先は、正月休み(1月4日)に緊急な用件でデンワしたのに「今、電波が届かないとこにいるからどうのこうの」と言ったきりケータイの電源を切り、2時間後にシレっと「すんません、さっきのは…」とかけてきたことにあった。その間10回以上着信があったにもかかわらず、わたくしは事情があってdocomoの電源をオフにしていたのである。しらんがな。

上司はそれが相当ショックだったらしい。曰く「丸の内先生のことをこんなに信用しているのに冷や水を浴びせられた!」とわたくしのその日の行動をすっげえ非難した。どこで何をしていたのか、と問いただされる始末。あうあうあう。

また鼻血が出そうになった。

ウソ泣きでもして、窮地を脱するべきだったのだろうか。なんかもう、いろいろやだ。

Apr 22 '12

私のこと好き?

docomoしゃべってコンシェルのCMがよく流れる。わざとらしいリア充だと感じてしまうわたくしは、ココロが穢れているのだろうか。ヒマ人なので件のCMと同じシツモンをSiriにも投げかけてみた。CMのdocomo(茸)の回答とSiri(尻)の回答を並べてみたのでご覧あれ。

私「温泉、行きたい」
茸「池尻大橋の温泉をお調べします」
尻「すみませんが、理解出来ません」←ヤル気がない

私「カリフラワー料理は?」 
茸「レシピ情報をお調べします」
尻「カリフラワー料理は?をWebで検索しますか?」 ←ググれカスと思っている

私「博多の終電何時?」 
茸「ここの最寄り駅から博多の終電をお調べします」 
尻「18:49です。こんばんは、BM」 ←それ現在時刻だろ

私「音楽聞きたいな〜」
茸「音楽プレーヤーを起動します」 
尻「BM、ミュージックライブラリにはなにもコンテンツがありませんよ」 ←ドヤ顔

私「一番近い駅はどこですか?」 
茸「付近の駅の場所を地図でお知らせします」 
尻「私にはわかりません。Webで検索しましょうか?」 ←まんどくせーと思っている

私「私のこと好き?」 
茸「大好き」 
尻「どのApple製品にもそう言っているんでしょ?」 ←ツンデレ
私「私のこと好き?」 
尻「私はあなたを尊敬しています」 ←そうきたか
私「私のこと好き?」 
尻「BM、私は誰かを愛することを許されていません」 ←そうかすまん

調子のいいdocomoコンシェルジュより、Siriのほうが愛おしいと思った瞬間である。

Jan 3 '12

黒電話も怒っている

docomoのスマホでメールの不具合が年末年始と発生している。

わたくしは技術者ではないので、詳細はググった程度のことしか理解出来ない。ただ、世の中にはググることすらせずにコメントする猛者もいるから、ソレに毛が生えたレベルのたわごとだと思って以下聞き流してほしい。

わたくしの家族(元配偶者含)には、旧電電公社時代〜NTT関係のニンゲンが大勢いる。わたくしもその恩恵に預かり、初代のmova(確かブルース・ウィリスがCMしてた)からずっと使っている。当時、ケータイというコトバすらなく、料金もバカ高く、当然繋がりにくく、持ってる人などあまりおらず。同僚に珍しがられた記憶がある。デザインは黒のごっついのだったけか。

その後のケータイの広がりは説明するまでもないけど、はじめてiモードちうのでメールできるようになったときはぶったまげたな。その頃は、次々に発売されるdocomoの最新の機種を使うことが出来てたから、2つ折りになったケータイや、画面がカラーになったケータイを持つたびに羨ましがられていたのもナツカシイ。じぶんで買ってたわけじゃないんだけどね。

発売当時とは比べ物にならないほど通話やメールがいろんな場所で可能になったのが、いちばんの感動かな。movaを持ち始めた時も、FOMAになった時も、職場では全然繋がらなかったもんね。したがって、授業中にケータイ鳴らす生徒もそんなにいなかった。

時は流れたね。今やdocomoもスマホの時代だ。あいにくわたくしはiPhoneユーザーとなってしまい、docomoのガラケーは3年以上前に購入したモノをデンワ&メールのみで使用している。シゴト上のちょっとした連絡はdocomoのほうが圧倒的に便利だから、その使い方に特化しているというワケだ。ちうか、らくらくフォンでもいいかと思ってる。

こんなにクオリティの高い通信技術があるのに、今回の出来事はなにをやっとるんだ?待てよ、わたくしの想定している通信技術というのは基地などのハード面だけなのかも知れない。親族に技術者がいて、コドモのときからいろんな施設を見てきたわたくしの率直な意見だ。鉄道と並び通信はニホンのすばらしい技術だと叩き込まれた記憶がある。

今回の件、正月のお屠蘇の席でも「嘆かわしい」と家族から声が上がった。通信は繋がることとその秘守が最も重要である。これは大昔に電話交換手をしていた家族から耳タコしていた。それがおじゃんになったのだから、目も当てられない。昭和の技術者は怒っている。

ウチの押し入れにある黒電話も怒っているに違いない。

Oct 18 '11

怪盗ロワイヤル

docomoのガラケーが盗難に遭いました。

ロックしてあるので登録してあるみなさまに迷惑が及ぶことはありませんが念のため。

docomoの保険に入ってたので簡単な手続きで代替機がもらえるそうです。

今後もお付き合いくださるという奇特な方は、gmailのほうに空メールくださると助かります。

怪盗ロワイヤルの莫迦!

Jun 22 '11

オトナ女子力UPケータイ

今年の生徒会の連中はスゴイ。スマホで Evernote 使ってファイル共有とかやってやがる。

世の中のオトナは、刷り込まれたじょしこーせーのイメージを大切にしたいのかもしれないが、連中の進化はパネェ。ストラップじゃらじゃらぶらさげたケータイで着うた?デコメ?それいつの話?みたいな連中が生徒会に集まってきておる。よしよし。

それと逆行するかのよーに、docomo からオトナ女子力UPケータイちうのが発売されたらしい。

なんつーか、ここまで使い古された「オトナ〜」「女子力UP」の既存価値観で商品開発する根性に泣けてくる。よーするに女性誌なんかで飽きもせず展開されてる「愛されOL」だとか「しあわせオーラ」だとか「きれいめコーデ」だとかの延長でケータイまで企画しちゃったんだな。オンナ舐めんとんのかワレ、言いたくなる。

こーゆー企画会議ってさ、どんな風に進められてんだろね。ひょっとしてオサーンがリサーチした女子力という空想の概念をもとに、山王パークタワーの docomo 本社でおおまじめな会議が繰り広げられてたのだとしたら、それはそれで愉快だ。いや、開発したのは FUJITSU だから、世界の車窓から気分でじぶんさがしの旅をしていたエアー女子社員の提案だったら、それもイイ!どうだってイイ!

みんな幻想を抱き杉。ちなみに、女子力と検索するともれなくオムライスもくっついてきますです、ハイ。