Install Theme

Your web-browser is very outdated, and as such, this website may not display properly. Please consider upgrading to a modern, faster and more secure browser. Click here to do so.

ring the bell

A BOTTLE OF BEER MAKES THE HEAD CLEAR

twitter
it don't mean a thing
sabinuki
Aug 18 '14

小川軒

地元鎌倉に小川軒という洋菓子屋があるのだが、どうやら新橋にも小川軒があるらしい。しかもそっちの方が元祖というではないか。御茶ノ水や代官山にも小川軒が存在しているし、どうなっとるんや。暖簾分け乱立状態なのか?

気になったらじぶんで確認するべし。さっそく元祖が売っている新橋オヤジビル(正式には新橋駅前ビル)に向かった。赤提灯の立呑み居酒屋が軒を連ねるビルの1階に「巴裡 小川軒」というクラッシックな洋菓子店が燦然と輝いていた。

image

店内はいたってシンプルだ。目当てのレイズン・ウィッチが箱入りでショーケースに並べられ、ほかにもケーキや焼き菓子が売られている。白いコックコートに身を包んだ礼儀正しい店員さんが対応し、とても気持ちがよい。迷わず10個入りを2箱購入した。(10個入り税抜き1000円)

レイズン・ウィッチとはこんなお菓子なり。

image

image

サクサクした焼き菓子の間に白いクリームとラムレーズンがどっさり挟んである。さほど飾り気がないのに、どのパーツもカンペキで、納得の美味しさである。ラムレーズンの洋酒の効き具合もよい。立て続けに5個ほど平らげてしもうた。

で、さらなるカロリー摂取をするべく、シゴト帰りに別途調達した鎌倉小川軒のレーズンウイッチと食べ比べることにした。

左が新橋のレイズン・ウィッチで、右が鎌倉のレーズンウイッチだ。

image

image

image

image

結論から先に言うと、新橋の方が食べ応えがある。大きさとクリーム、レーズンの量も多い。クッキー生地も見ての通り異なる。好みの問題だが、しっとりした食感がお好みなら鎌倉、サクサクパリパリがお好みなら新橋である。使用しているぶどうはどちらも美味しいが、新橋の方が洋酒が効いていたと思われ。もちろんどちらも美味だった。

商品名を注意深く見ると、新橋のはレイズン・ウィッチで鎌倉はレーズンウイッチとなっている。これ豆な。

以上

Aug 17 '14

東京数え歌

市ヶ谷
駐屯地で腹を切って

二重橋
おっ母さんと記念写真撮って

三軒茶屋
芸能人の住むオサレな町で

四谷
お岩さんが化けて出て

五反田
ラブホテルのはしごして

六本木
アマンドのシュークリーム食って

七曲署
ボスと山さんと殿下がいて

八王子
おまいは都下だとpgrされ

九段下
大きな玉ねぎの下で外タレがライブして

麻布十番
毎日鉄板の上で焼かれてイヤになっちゃう

東京はそんな街なのです。

Aug 17 '14

不足の事態

睡眠不足

栄養不足

愛情不足

情報不足

残高不足

Aug 15 '14

蔵之介 ひやかけうどん祭り

たまには外食日記なんぞ。

公私ともにお世話になっている讃岐うどん蔵之介さんで、お盆の14、15、16の三日間ひやかけうどん祭りちうのをやる。麺もおつゆも冷たい「ひやひや」、麺は冷たくおつゆが熱い「ひやあつ」、そして麺もおつゆも熱い「あつあつ」と3種類のかけうどんを提供するのだ。おつゆはいりこの出汁がチョーきいている。

ひとくちに讃岐うどんと言っても様々なスタイル(食べ方)がある。かけ、ぶっかけ、ざる、生醤油、釜揚げ。その中のかけうどんに特化したのがこの企画だ。醤油にもこだわった、シンプルに麺とおつゆを楽しむ三日間である。

さて、わたくしは「ひやあつ」の細麺を注文した。

image

いつものうどんよりかなり細い。細いのにしっかりとした弾力があり、存在感がハンパない。スライスしたすだちや薬味のみょうがが清涼感を引き立てている。夏にはもってこいの逸品だ。

このうどんを目当てに開店前からちょっとした行列が出来ていた。客層もうどん好きのオジサマたち、小さいお子さんのいるファミリー、カップルや女性同士、等々多様である。

店は JR 高田馬場駅から徒歩5分、神田川を渡って学習院に向かって歩く途中にある。

15、16も引き続きこのイベントをやっているので、お近くの方はぜひどうぞ。要するに立派なステマ日記である。

讃岐うどん 蔵之介
東京都豊島区高田3-7-15
期間中の営業時間は11:30-15:00 17:00-20:00
http://www.udon-kuranosuke.com/access.html

Aug 14 '14

ブログの形式と内容

蕎麦アレルギーを免疫力アップで克服というトンデモ理論は置いといて、某ブログの書き方を苦手に感じる点がいくつかある。

・無意味で無駄な改行

それは、

免疫力

です。

この改行が本当に気持ちワリイ。PCの向こうでドヤ顔している筆者の姿を想像させる。

・「頭痛が痛い」的表現

なので、全てが100%ではないということをご理解頂けると嬉しいです。

全てが100%ではない…。これは禅問答なのか?これを理解できる人がいるのか?馬から落ちて落馬でもしたのか?

・以外と意外

蕎麦のこと意外のことに関しては参考文献を貼付けてありますので、ぜひご参照ください。

経験則によると、支離滅裂ブログに共通する特徴のひとつに以外と意外の誤用がある。単なる変換ミスではなかろう。じぶんの書いたものを読み返して推敲しないのか、しても気がつかなかったのか、一体どっちなのだろう。

・写真

蕎麦の写真(盛り付けてあるものと箸でつまんでいるもの)が掲載されていたが、両方とも上部が見切れている。失敗写真なのに、全く気にせず掲載しているあたりが高い免疫力のなせる技なのだろうか。

以上の指摘が個人的難癖であることは十分承知している。しかしながら、わたくしの苦手とするスタイルのブログは、なぜかその主張内容も相容れないモノであることが多い。

形式を侮るなかれ。ブログに限らず、世の中の大抵のものは、形式が嫌いだとその内容も受け入れ難いのである。自戒の念を込めて。

Aug 13 '14

子供から子ども、そして再び子供へ

公の教育機関における「こども」の取り扱いが二転三転している。

わたくしがこの世界に飛び込んだかけ出しの教員だったころは、子ども全盛期だった。子供と書いたものをいちいち訂正したり、されたりしてた記憶がある。

「なぜ子供じゃなくて子どもなの?」というソボクなギモンにも「供だとお供えを連想させるからさ〜」という極めて曖昧な回答しか返ってこなかった。まだまだ若造だったわたくしは「ふーん、そういうものなのか」ぐらいにしか思っていなかった。

コトバを少し変えたからといって、価値観が大きく転換するとも思えなかった。が、政府はもちろんのこと、あらゆる教育機関に子どもの表記があふれていた。教育関係者が子ども表記にこだわるのは常識中の常識だった。

しかし、そんなつまらないコトバの上だけの配慮にもかかわらず、教育現場は荒廃していた。学級崩壊、いじめ、体罰、教員の不祥事、ゆとりの弊害等々。当たり前のことだけど、子どもだろうと子供だろうと、そんなの関係なかったのである。障害だろうと障がいだろうと障碍だろうと本質は同じであるように。

文科省は2013年に「公文書では子供表記に統一する」との見解を出した。その根拠はこれまた単純明快で「そもそも子供とは当て字であり熟語である」ということなのだ。

それでも長年の習慣が横行しているためか、行政や教育機関は今まで通り子どもを使う場面が圧倒的に多い。これはもう見た目の問題で、子供と書くより子どもと書いた方が柔らかい印象を与えるからなのかもしれない。

ただの言語ロンダリングとしか言いようがない。

ちなみに弊サイトでは子供でも子どもでもなく、コドモ表記に統一してある。もしくは、ガキンコ、チビッコである。

Aug 12 '14

スピーチ原稿の苦悩

安倍総理の平和記念式典におけるスピーチ冒頭が使い回しだのコピペだの話題になっている。

新聞社の報道はさておき、ネットで騒いでる人たちにマジレスするのもなんだけど、スピーチ原稿書くのって想像以上に大変なんだぞ。毎月毎月締め切りに追われ知恵を絞り出しているわたくしにしてみれば、前年と全く被らない原稿が書ける方法があったらぜひ教えてもらいたいものだ。特にイントロダクション部分を書くのって、どんなに書き下ろしを意識しても難しくて死にそうになる。

前年と同じようなスピーチをしたからといって「被爆者や平和を軽視している」と鬼のクビでも取ったように批判されたのなら、原稿を書いた人がチョー気の毒だ。

これは首相ならびに今の政権を支持する支持しないとは関係なく、スピーチや機関誌の原稿を書いている者としての心からの同情である。

Aug 6 '14

佛教大学のおねいちゃん

さいきんやたらと見かける佛教大学のおねいちゃん。

なんかよくわからないけど、すっげえ既視感あると思ったら……これだ。





年収低すぎおねいちゃんは今ごろどうしてるんだろう。転職先でいい人と出会って結婚して二児の母親とかになってるのかな。

7 notes Tags: ad column
Aug 4 '14

Baidu IME という生き方

4月にまさかの人事異動があり以前の職場を離れていたのだが、夏休み期間に入り、再び以前のデスクでシゴトしている。なぜか同僚たちが「いつ戻ってきてもいいように」と、わたくしのデスク周りはそのままにしておいてくれていた。中には「夏休み終わってもずっとココにいるんですよね?」と確認するヤツもいる。

じぶんでも、この先どうなるのか分からない。

さて、久しぶりにデスクのPCを立ち上げると、奇妙なソフトが沢山入っている。ざっと気がついただけでも以下の通り。
Ask
RegClean Pro
Baidu IME

なかでも検索しようとすると、呼んでもいないのにGoogle様を押しのけてしゃしゃり出てくる Askはまじうぜえ。アンインストールしようとしても、消えねえし。おそらく誰かかが何かのソフトを入れる際に一緒にタチの悪い余計なお世話ソフトをインスコしちまったんだな。

イラッとするので片っ端から削除だぜ。まずは Baidu IME ちうのをアンインストールしようとしたところ……

image 

なんだよこいつ!!!

SNS のアカウント削除みたいに、しつこく食い下がってきやがる。もう少し利用だと?やなこったい!一刻も早くおさらばだぜ!と右下のアンインストールをクリックしたところ……

image

ふざけんな!!!世話なんてしてねーよ!迷惑なだけだよ!とっととうせろ!二度とくんな!よくないところを指摘するとしたら……

泣けば済むと思っているおまいの生き方だよ!!!

Jul 31 '14

左乳滑滑遊戯。

以下月末成人仕様日記。超絶下衆内容。善良児童真似不可。

喘息治療一環、心臓超音波検査実施。我受診。

検査方法紹介。上半身裸於照明暗検査室。検査技師、患者左乳心臓付近透明潤滑液塗布。超音波反響映像分析。所要時間十分程度。

技師潤滑液塗布後、医療用探触子使用、左乳柔揉。十分間左乳揉続行。

滑滑遊戯酷似。卑猥気分向上。

検査終了後潤滑液拭取。性行為事後処理酷似。

不謹慎発想、心中謝罪。

Jul 30 '14

帰巣本能

退勤後、最寄り駅に着いて改札を出たあたりでdocomoのガラケーに7件も着信があることに気がついた。嫌な予感しかなかったが、仕方ないのでかけ直した。かけてきたのは入社3年目の広野(28歳男)で、Excelのデータをとりこんでラベル印刷する方法が分からないから教えてほしいと言う。

おい広野、今おまいの目の前にあるのはなんだ?PCだろ?そこに「ラベル印刷」と入力して検索してみろ!ググれカス!

と言うべき場面ではあったが、仕方ないのでサポートセンターの人みたいにデンワごしに教える羽目になった。所要時間はなんと40分。これも仕方ない。世の中の大半は仕方ないことで構成されているのだ。

長いデンワが終わり、あたりを見回すと変な違和感を覚えた。

わたくしが立っていたのは、以前住んでいたボロマンソンの敷地だった。どうやら歩きながらデンワして辿り着いたらしい。無意識のうちにここへ向かって歩いていたのだ。なんという帰巣本能。

てか、間違ってるし!

広野には感謝されたが、その代償は大きかった。わたくしは再び駅まで引き返し、やっとのことで帰宅できた。残念なことに、スーパーで閉店間際の半額刺し身を買い損なった。

何もかも仕方ないのだ。

3 notes Tags: column
Jul 27 '14

果たして教員は特殊な職業なのか

わたくしのシゴトははっきり言って激務である。授業やって、部活やって、放課後は生徒の悩みを聞いて、じぶんの趣味にも打ち込んで、などというキラキラ学園ドラマの世界とは全く異質の、一年中汗をかく過酷な現場である。夢のある職業では決してない。もちろん繁忙な職場は世の中にごまんとあるから、その中の一つに過ぎない。

それでもこの稼業に20年以上ついていると、一種の無常観のようなものに支えられながらやっとのことで日々をしのいでいるじぶんがいる。情熱とか感動とかそんな暑苦しい一時的な感情はすぐに役に立たなくなる。大切なのは、必要以上に感情を揺り動かされず、じぶんを制御し、いつも平常心でいられることだ。もっと言うと、じぶんの置かれた哀れな境遇を晒して笑い飛ばすことで、平常心を保っていられるのだと思う。

「早く辞めて転職した方がよい」

そんなアドバイスをしてくれる方も周囲には大勢いる。わたくしの体調を気遣ってのありがたいお言葉なのは承知しているが、そういうわけにもいかない。

ご存知のように世の中の大半の人が「余程の理由がない限り、年度途中で教員(担任)は替わるべきではない」という意識を持っている。産休に入っても、体調不良で休んでも、家族の都合で休んでも、それらが適正な手続きを踏んだ有給の範囲であっても、冷たい視線や批判を浴びるのが我々教員である。

途中で投げ出して辞めることができたらどんなにラクだろう、と毎日葛藤しながら20年も働いているのが現実なのだ。

「そんなのおかしい」というご指摘はごもっともである。年度終了を待たずに辞めていった教員だって多数いる。だが、全員がそのようなことをしたらどうなるのか想像すれば、わたくしがデモデモダッテしながら踏みとどまっている事情も少しは分かっていただけるだろう。

「こんな気持ちで働いているセンセイには教えられたくない」
「もっと熱心でヤル気のあるセンセイはいないのか」
このような非難も甘受せねばなるまい。子どもが大好きだとか、教師が天職だとか、そんななまっちょろいことをぬかしている人からサッサと辞めてしまうのが教員という職業である。

果たして教員は特殊な職業なのか。

ダーマ神殿でそこんとこ詳しく教えてもらいたい。

Jul 26 '14

日本三大青・赤・黄

日本三大青い
・青い三角定規
・青い山脈
・青いうさぎ

日本三大赤い
・赤い風船
・赤いスイートピー
・赤いトラクター

日本三大黄色い
・黄色いさくらんぼ
・幸福の黄色いハンカチ
・林家木久蔵

Jul 21 '14

大河ドラマ「軍師官兵衛」最大の問題点

今年の大河も折り返し地点を過ぎた。

前半のハイライトシーン有岡城の幽閉以降、フォースの暗黒面に堕ち、不気味に貫禄のついた主人公官兵衛を岡田准一が好演している。この展開は、「独眼竜政宗」で伊達政宗を演じた渡辺謙や「太平記」で足利尊氏を演じた真田広之のときと似た期待を抱かせる。決して過大評価ではない。はじめは青臭くて多少ぎこちなく感じていたのに、物語が進み主人公が成長するにつれ、中の人(岡田)と官兵衛が同化していく様が非常に小気味よいのだ。

秀吉を竹中直人が演じていることも、一つの大きな要因だ。竹中直人はもはや秀吉その人にしか見えないが、その相乗効果もあってか、岡田准一も等身大の黒田官兵衛その人になりきっている。演技だけでなく、衣装や照明にも秀吉とのコントラストがうまく使われている。明るく派手に動き回る秀吉と黒装束に身を包み足を引きずりながら登場するダークな官兵衛。両人のバランスがちょうど良い。

本能寺の変の知らせを受けた直後、寝所の秀吉の耳元で「殿のご運が開けました」とささやくシーンはここ数年の大河で稀に見る名場面だったと言っても過言ではない。

脇を固める俳優陣もハマっている。宇喜多直家の陣内孝則(「太平記」では佐々木道誉がチョーはまり役だった)、小早川隆景の鶴見辰吾(「天地人」では明智光秀を演じ長澤まさみに腰紐で絞殺されかけた)、足利義昭の吹越満(「秀吉」で玉置浩二が演じて以来、義昭役はマジキチ枠として定着)、荒木村重の田中哲司(「龍馬伝」では眉のないキモイ慶喜公を演じてた)などなど見所が沢山だ。特筆すべきは安国寺恵瓊役の山路和弘。所作も表情も声も怪しく冴え渡るすばらしい役者だ。

このように高評価の今年の大河であるが、地雷とも言うべき最大の欠点があることにも言及せねばなるまい。せっかくなのでキッチリDisっておくか。

信長とそのヨメのバカップルである。

江口洋介ってさ、何やらせても「いい人」にしか見えないんだよね。たぶん「白い巨塔」でやった物わかりのいい社会派のお医者さん役の影響だと思うんだけどさ、非情で苛烈で残虐な魔王たる信長像が全く伝わらないんだよね。村重や光秀が恐怖で顔をゆがめても、当の本人は南蛮渡来土産をかき集めてそこらじゅうに並べました的ルームで、ヨメとキャッキャウフフしながら「一緒に世界を見てみたい☆」と地球儀回してるからね。ばかなのしぬの。

最大の見せ場たる本能寺でも、ラブコメ戦国大河が炸裂したよね。

「世界を……見とうございました」
「わしの女房はそなたでなければつとまらなかった」

おまいら、ジャワカレーでも食ってろ!

このバカップルが画面に登場するたびにイラッとしていたが、光秀謀反のおかげでやっと退場してくれた。光秀ありがとう。光秀は信長のみならず、元ヨメにも金髪クソ豚野郎呼ばわりされてたみたいだね。そのせいか思いっきり死相が出てるね。

死ぬなよ!光秀。

追記:
本能寺炎上と家康の伊賀越えシーンに若干の物足りなさを感じた。やはりここは過去の名作大河を見習い、本能寺はCG使いの大爆発演出、伊賀越えには9歳の江を同伴、というインパクトが必要不可欠である。

Jul 20 '14

喘息顛末記

6月よりわたくしを悩ませていた喘息の発作が、ここにきてやっと終焉した模様です。もちろん喘息そのものが完治したわけではなく、停戦状態になっただけの話ですから、六角センセイが今後の治療計画を立ててくれました。以下、じぶんのための覚え書き。

6月7日(田中眞紀子医師)
症状:微熱と咳
診断:気管支炎
処置:点滴注射
投薬:クラリスロマイシン錠200mg
   ニチコデ配合散3g
          ムコダイン錠250g

6月21日(田中眞紀子医師)
症状:脱水症状と咳
診断:気管支炎と貧血
処置:点滴注射
検査:血液検査
   レントゲン
投薬:クラリスロマイシン錠200mg
   ニチコデ配合散3g
          ムコダイン錠250g
   セルベックスカプセル50mg
   フェロミア錠50mg

6月30日(六角精児医師)
症状:激しい咳
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入0.5mL
投薬:メジコン錠15mg
   オースギ小青竜湯エキスG7.5g
          ムコダイン錠500g
          プレドニゾロン錠5mg(1日4錠)
   ツロブテロールテープ2mg

7月3日(六角精児医師)
症状:激しい咳
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1mL
投薬:メジコン錠15mg
   オースギ小青竜湯エキスG7.5g
          ムコダイン錠500g
          プレドニゾロン錠5mg(1日4錠)
   ツロブテロールテープ2mg

7月6日(救急外来)
症状:発作
診断:喘息と副鼻腔炎
処置:ベネトリン吸入1.5mL
投薬:カロナール錠200mg

7月9日(救急外来)
症状:発作
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1.5mL
投薬:サルタノールインヘラー100μg

7月10日(六角精児医師)
症状:発作
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1.5mL
投薬:メジコン錠15mg
          ムコダイン錠500g
   フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
          プレドニゾロン錠5mg(1日6錠)
   ツロブテロールテープ2mg
          カロナール錠200mg

7月12日(六角精児医師)
症状:発作
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1.5mL
投薬:メジコン錠15mg
          ムコダイン錠500g
   フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
          プレドニゾロン錠5mg(1日4錠)
   ツロブテロールテープ2mg
          カロナール錠200mg

7月13日(救急外来)
症状:発作
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1.5mL

7月17日(六角精児医師)
症状:咳
診断:喘息
処置:ベネトリン吸入1mL
投薬:メジコン錠15mg
          ムコダイン錠500g
          プレドニゾロン錠5mg(1日4錠)
   ツロブテロールテープ2mg

7月19日(六角精児医師)
症状:咳
診断:喘息
検査:心臓超音波検査
   血液検査
   レントゲン
   呼吸機能検査
投薬:メジコン錠15mg
          ムコダイン錠500g
          アドエア250ディスカス60

image

というわけで、今後2週間のメニューは写真左から
アドエア(ステロイド薬と長期間作用型気管支拡張薬の配合で発作予防)
メジコン(咳をとめる)
ムコダイン(痰をきる)
サルタノール(短期間作用型気管支拡張薬で発作時応急処置)
となります。

発作がいちばん重かったときはステロイドを1日6錠も服用していましたが、六角センセイ曰く「強い薬だから長く飲み続けるとイクナイ!」とのことでした。日常生活では砂埃に気をつけるようにも言われましたが、直後に「つっても職業柄ムリか」と軽くDisられました。あうあう。

ご心配をおかけした皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。